CHEF BLOGシェフブログ

2017年5月の記事一覧

兵頭の備忘録 其の70 ~今回も内容のない話です~
2017.05.25
夏と言えばビアガーデン。ビアガーデンと言えばワタクシ。 博多のビアガーデンの代名詞、ホテルセントラーザ博多に行って参りました。まだ5月で天気もすぐれなかったので肌寒かったのですが、最近のビアガーデンはブランケットはもちろん、おでんやもつ鍋もあり非常に充実した内容でした。 ワタクシ、ビアガーデンに行ったのも関わらず、その趣旨を真っ向否定するかのように「カロリーが気になる」という理由から終始ハイボールしか飲まず、酔って思考能力が低下したまま二次会の角打ちで浴びるようにビールを飲んでしまったハイカロリーメイツ兵頭でございます。  
 
 
yjimage  
 
 
気が付けば今年も残すところ半分近くになってまいりました。最近のワタクシは年末のおせちの計画を立てております。もう?と思われるかもしれませんが秋にカタログやフライヤーをリリースしようと思ったら今から重箱を探し、内容を考えて試作して写真撮りして・・・みたいな段取りですので今から動かないといけないんですね・・・。 とはいえワタクシ思うのです。
 
今から半年後のメニューを決めることは簡単ではありません。その時に一番おいしい食材を使いたいのが料理人というものです。お客様に「カタログの写真を見て買おう!」と思っていただくのではなく、「内容ではなくグレージュのお節が欲しい!」と思っていただけるまで精進しないといけないのです。 そうなると内容は明けてビックリのお楽しみ箱みたいになります。元旦に召し上がっていただくのならお年玉感覚ですよ。  
 
弊社の株券とか、宝くじなんかが入ってても夢があるじゃないですか!一名の方にはシェフ兵頭が大事にしてる宝物が入ってます!とか。 兵頭が大事にしてる宝物が何かって? そうですね・・・・ワタクシのヘソの緒とか?
 
 
  yjimageQAY3BOV7
兵頭の備忘録 其の69 ~世界遺産になるということ~
2017.05.18
昨日はソムリエとしてのお仕事がありましたので、ソムリエ資格取得後初めてスーツにソムリエバッジを付けました。 ワタクシ自身、周りの人達にも何とも言えない違和感を与えると共に、じわじわと込み上げてくる理由のない笑い、記念に撮った写真はその笑顔が見てる方を恥ずかしくする始末。極めつけは遺影にみえるというミラクル。奇跡の一枚です。 一度で何度も楽しめる兵頭でございます。
 
 
yjimageXS0HFXA6
 
 
さて世の中は「沖ノ島とその関連群」。 いざ世界遺産に勧告となって色んなすったもんだが起きているようです。この件に関しましては非常にデリケートな問題ですのでワタクシのような口の悪いゲス人間が迂闊に意見などを述べると、個人ならまだしも企業レベルで怒られちゃいます。
 
とはいえ余計なことを言わないと気が済まない性分ですのでちょっとだけ感想を述べさせていただくと、現状は宗像大社、行政(観光協会などを含む)、市民(漁師さんも)といったトライアングルで形成されている気がします。ここにベンチャーな民間企業が絡むと面白い展開になると想像しちゃいます。
 
 
ちなみにオテルグレージュはそこに絡めるほどの体力ありませんが。 沖ノ島に関する一連の流れはヤフーのトップ画面にも出るような宗像市、そして宗像市民にとって一大ニュースです。ここまで話が進むと、誰もが納得する着地点は難しいかと思います。我々は今後を静観しすることしかできませんが、「ホテルに来ていただくお客様に満足していただく」という使命に毎日の業務に精進していく所存です。 最後にはなりますが、毎日のように宗像という地でお客様を迎えているこのワタクシ、実は福岡市民でございます。 偉そうな意見を述べてすみま世界遺産。
 
yjimagePQZZOXDG
兵頭の備忘録 其の68 ~仲間と未来を考えてみる~
2017.05.11
行ったら後悔すると分かっているのに酔っ払うと何故だか行ってしまう。そんなお店があります。 某所にあるその中国料理店は唐辛子と山椒を親の仇の様に使い、出てきた料理の湯気で目をやられるような刺激的なお店です。 そんなお店にいい感じで酔っ払った同世代の仲良し料理人5人で行きました。
 
強烈な料理を食べて一夜明けた本日、刺激物により内臓を損傷し猛烈な腹痛に耐えながら出社したのに、ランチ営業が始まった途端体調がすこぶる元気になるところがプロフェッショナルだなーと自画自賛しながら「みんなの内臓は大丈夫だったかなぁ」と、トイレに籠って心配はしてみる兵頭でございます。
 
 
yjimageAA9BHRNP
 
冒頭が下品な話であったことをお詫び申し上げます。 昨夜我々が集まって話した議題は「発信」です。2,3年前までは口コミサイトなどが幅を利かせてましたが今では飲食店側からの発信がスタンダードになりつつあります。料理や商品、人、モノ、サービス、情報、空間など様々なものを世界中の不特定多数の方に広めることが出来ます。今、店に来ていただいているお客様、これから来ていただく未来のお客様、県外のお客様、海外のお客様、色々なお客様に選んでいただけるような取り組みをしようという真面目な話し合いだったのです。
 
ガラにもなく真面目な話になってしまったことをお詫び申し上げます。 大半の時間はラー油で口の周りをテカテカにしながら中学2年生男子のような話題でキャッキャ言ってました。
 
 
yjimage1196UZXE