CHEF BLOGシェフブログ

2017年11月の記事一覧

兵頭の備忘録 其の95 ~ハートブレイク後の大人対応~
2017.11.23
今週はアライグマを食べさせてもらう機会がありました。臭みもなく大変美味しい肉でした。
 
 
アライグマが手に入ったよと聞いて駆け付けたのですが、見た目はタヌキみたいでしたね。
完全に「アレ」を想像していたワタクシは何とも言えないガッカリ感は否めなかった兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
ちなみにラスカルの飼い主の名前はスターリング・ノース氏、11歳だそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現代の広告宣伝においてSNSの重要性は言うまでもありませんが、ワタクシの繊細なハートに爪痕を残してくれたお店がありましたのでご紹介します、皆様もご意見をお聞かせいただければと思います。
 
 
店舗名や場所は伏せておきますが、SNSにおいて非常に魅力的なバーがあるのです。偶然そのページを発見して以来、いつかそのお店に行きたいと思っておりました。
日々アップされる上品かつ妖艶な店舗情報は欠かさず「イイね」をポチっとし、まだ見ぬお店に胸を膨らませていました。
 
そんなある日、勇気を出してそのお店にチャレンジしてみたのです。
 
 
すると美人な店員さんが
 
 
「ウチは会員制ですのでご紹介の無い方はご入店できません」
 
 
だって。
 
 
世の中が21世紀になって10年以上経ちますが、初めてのお店で入店拒否されるなんてことがあるでしょうか?
しかもSNSで「ご来店お待ちしてます」みたいな事を公開してるお店が!
 
 
 
何もしてないのにフラれた感じになってるし!
 
 
ワタクシのハートに爪痕を残したにも関わらず、ネット上にスレッドを立ち上げてネチネチと悪口を書き込んだりしないだけ我ながら大人の対応だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の94 ~100年に2回あることは50年に1回ってことね~
2017.11.17
 
以前、仕事の関係上でユニクロ様よりエアリズムの下着をたくさんいただきました。
仕事上、料理人は火の前に立つことが多く、何時でも涼しく感じられるエアリズムは重宝しております。
 
ある程度は予想していたことですがそんなエアリズム、この時期には結構寒いと言う事が判明しました。
 
ヒートテックを買うくらいなら、戴いたエアリズムを重ね着する覚悟の兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて昨日はボジョレーヌーボーの解禁日でした。
ワタクシ、一応はソムリエの有資格者ですのでワイン文化発展の為にもブログのネタにさせていただきます。
 
ちなみに今年のボジョレーヌーボー、評価を調べてみました。以下ネット情報ですが
「今世紀最高と称された2015年を思い起こさせる出来」
だそうです。
 
ほほう。
 
いとをかし。
 
ではその2015年の評価をググってみると
 
「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせる」
 
とあります。
 
では2009年はどうか
 
「過去最高と言われた2003年に匹敵する出来栄え」
 
なんですって。
 
その2003年は
 
「100年に一度の出来」
 
おぉ!100年に一度とはすごいじゃないですか。
 
ちなみに次の年の2004年ですが
 
「100年に一度と評された昨年を上回る出来」
 
2005年は
 
「100年に一度と言われた一昨年を凌ぐ」んだそうです。
 
 
 
つまり要約しますと、毎年のボジョレーヌーボーの評価とは「低レベルのギャグ」なんですね。笑いのセンスはワタクシ並みですが、ギャグだと思えば楽しめるじゃないですか。
 
もしも仮にですよ、本気で評価しててこのコメントなんだったら、世の中にはワタクシよりもクソみたいなセンスをした人間がいるんだと安心しちゃいます。
 
 
 
「もはや飲めたもんじゃない」って評価にしてみたら怖いもの見たさでたくさん売れると思いますよ。
 
 
多分。
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の93  ~どさくさに紛れてスタッフ募集~
2017.11.09
ここ最近で一番の爆笑したお話です。40歳以上の皆様にもチャレンジしていただきたいお話でもあります。
 
 
久保田利伸の「流星のサドル」という曲をご存知でしょうか?アラフォー以上の方なら聞いたことはあると思います。
 
その「流星のサドル」のイントロ部分をアカペラで歌ってみて、そのまま曲に突入してみてください。
 
 
ね?聞いてる方はゲラゲラ笑えるでしょ?
 
 
注意点としては必ず曲を知ってる二人以上でやってください。一人で歌うと面白くもなんともありませんので。
 
 
クッソどうでもいい情報でしたが、皆様が「アカペラ流星のサドルイントロ」をやってみて爆笑できましたって報告を楽しみにしている兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さてワタクシ、今週はフランス料理の王道ともいえる「パテ・アン・クルート」という料理を仕込んでいます。まぁ玄人好みの料理ですね。
この料理は技術や経験、そしてパッションを要する料理だと思ってます。そういう意味での玄人好みです。
同業者は「どれどれ・・・お手並み拝見」と言った感じで斜に構えてオーダーするのでしょう。ワタクシもそうですし。
 
だからこそ気合を入れて作りましたし、若いスタッフへも教えていきたいと思ってます。
 
年末まで数量限定でお出ししていきますので是非ともご賞味ください。
 
 
 
あ!若いスタッフで思い出しましたが、相変わらず若いスタッフを募集しています。
 
技術や経験は不要です。パッションだけあれば勤まる職場です。キッチンスタッフ一同、素人好きですよ。
 
お手並み拝見ウヘヘヘヘ・・・・。
 
 
 
兵頭の備忘録 其の92 ~毒づくハロウィンとネタみたいな話~
2017.11.02
 終わったことですから時効と言う事にしてください。
 
 
一昨日はハロウィンでしたね。ここ数年ですっかりハロウィンというイベントが定着した感がありますが、見てる方が恥ずかしい仮装パーティ―みたくなってますよね。
 
ワタクシ、ハロウィン時期にコスプレでテンションの上がってる成人女性を見るとぶん殴りたくなるのです。
 
 
とか書くとまた怒られるんでしょうが、来年の今頃はもっと大人になってますので勘弁してください。
 
露出が多めの仮装は大好物の兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて最初に言っておきますが、今から書くことは作り話でもネタでもございませんのであしからず。
 
月曜から一泊で東京へ行っておりました。出発の飛行機ギリギリの時間に空港に着いたのですが何やら大勢のカメラクルー。ファンと思しき女子もたくさんいます。少なくともワタクシのファンでもなけりゃワタクシを取材する訳でもないですのでそのまま保安検査場へ。
こんな時に限って混んでいる保安検査場を抜けて搭乗口へ向かうとそこにもカメラマン。
時間がないので早足で搭乗口に向かうと一斉にカメラのフラッシュと黄色い歓声!!!
 
驚きました!!
 
俺!!??
 
と思って一応後ろを振り向くと、そこにはスーツ姿のソフトバンクホークスの選手御一行。
 
野球に詳しくないワタクシでも知ってる松田選手とか和田選手が着いてくるではないですか。
 
 
混んでる保安検査場を避けて関係者用のゲートをくぐってきたとこに鉢合わせて、ワタクシが選手御一行の先頭に立つ形になってしまった訳です。
 
逃げるようにしてキャンセル待ちカウンターに行き、座席のグレードアップ依頼をしていると選手もそのカウンターに来るではないですか。皆さん座席のグレードアップをしたかったみたいです。
 
キャンセル待ちカウンターにはワタクシを含む大勢のソフトバンクホークスの選手。その取り巻きには野次馬的ファンとカメラマン。
 
 
一番最初に手続きを終わらせたワタクシはその場を離れようとすると、若いカップルから握手を求められました。
 
完全にソフトバンクの選手と勘違いされております。
 
 
 
世の中には知らない方がいい事もあると思います。そう思ったワタクシは笑顔でそっとその手を握るのです。
 
 
 
 
そして握って後悔するのです。若いカップルの彼氏の方が尋常ではない手汗だったから・・・。