CHEF BLOGシェフブログ

2018年2月の記事一覧

兵頭の備忘録 其の108 ~3周年だ!!! ドーーーン!!!~
2018.02.22
ワタクシの数少ない友人の結婚式に呼んでいただき、披露宴の乾杯挨拶のご指名をいただきました。
過去に主賓挨拶と友人挨拶は経験済みでしたので、「乾杯挨拶童貞」と言う事になりますが、この度無事に乾杯チェリーを卒業することができました。
作り話や人の悪口などを盛り込むことなく、内容、時間、タイミング、どれをとっても完璧な乾杯の挨拶であったと手ごたえを感じております。
 
 
披露宴が始まる前に飲んでるウーロン茶がウィスキーの水割りだったことも気付かないくらいガチガチに緊張していた兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2月18日の日曜日にメインレストラン「ロルキデ・ブランシュ」はリブランド後3周年を迎えました。
今までお越しいただいた皆様のお蔭です。ありがとうございます。
 
リブランドの際、レストランの名前こそ変えませんでしたが、厨房を完全にやり替え、内装やスタイル、サービススタイルも一新しました。
そして何よりも最大のリブランドは料理です。
リブランド後は「オテルグレージュの料理」ではなく、「兵頭の料理」として提供していく決意を掲げた事を昨日のことのように覚えております。
 
3年経って、何が変わったのか、どう進化しているのかは分かりませんが、着実にお客様に認められ、認知度が上がってきているという実感はあります。
 
今に甘んじることなく、オテルグレージュで食事をすることが旅やドライブの目的になるような、そんなレストランを目指してまいります。
 
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の107 ~ゴ〇ィバの凄さと強さとズルさ~
2018.02.15
ハッピーバレンタイン!
 
チョコが苦手と言う事を公言しているワタクシに、オテルグレージュの女性スタッフはワタクシとの接触を出来るだけ避けたかったのか、手渡しすることなくデスクに「チョコレート」を積み上げるという新しい渡し方を披露してくれました。
 
 
ある程度の予想はしてましたが確信に変わりました。
 
女性スタッフの敵、兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっとバレンタインの話を引っ張るのですが、チョコレートマーケットにおける繁忙期ともいえるこのタイミングで、某有名チョコレートメーカーが「義理チョコはもうやめよう」という趣旨の広告を出しました。
 
これは上手いしズルいんですけど見習いたいものです。
「高級チョコレート」というイメージや圧倒的なブランディングがあるからこそ言える強気な方針と広告だと思います。
そして意外性があるからこそこの広告が注目されるという結果まで生みました。
 
 
 
我々もオテルグレージュの知名度と社会的地位を高め、「外食や外泊はやめよう」と言ってみたら世間から注目されたりするんですかね。
 
 
言わんけど。
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の106 ~今週からソワソワしてみる~
2018.02.08
来週はバレンタインデーですよ。
ワタクシ、毎年言っておりますが甘いものは苦手です。特にチョコはほとんど食べません。
ビールとワインとウィスキーが好きです。
 
これらは毎年言っているんです。でも毎年大量の(どうでもいい)チョコをもらうんです。
 
もしかして嫌がらせ!?
 
今更気付いた兵頭でございます!!!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩田屋の「サロン・デュ・ショコラ」に出店して参りました。
たくさんのお客様にご来場いただきありがとうございました。反省点も多い催事となりましたが、多くの方にオテルグレージュを知っていただく事が出来たのではないかと思います。
 
ワタクシ、百貨店の催事には何度か出店経験がありますが、実際の売り場に立ったのは初めてです。売り場に立って接客しながら肌で感じるのですが、商品は簡単に売れる訳ではないんですね。
 
 
商品の展示方法ですとか試食の有無。そういった要因はもちろんなんですが、そもそも甘いものが苦手な188cmアラフォー男子(最近加齢からくる老眼と逆流性胃炎気味)ではバレンタインデーという萌え萌えチョコ売り場の需要にマッチしてない気がするんですよね。
 
 
 
 
もうちょっと女性から支持されるような人物像と商品展開がこれからの課題です。
 
 
 
しらんけど。
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の105 ~御婦人方、そろそろあの日ですよ~
2018.02.01
自身のSNSでも書きましたが、「ONE STORY」に掲載していただきました。素晴らしいサイトですので大変光栄でございます。http://www.onestory-media.jp/
 
我々が常日頃取り組んでいる事がこうやってメディアの目に留まり、そこからオテルグレージュをまだ知らぬ人たちに広がっていくというのは嬉しい反面、背筋の伸びる思いでございます。
 
こんな感じで紹介されちゃったら今年のバレンタインデーこそは何かを期待しちゃう兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先週、このブログで案内しました岩田屋本館で行われております「サロン・デュ・ショコラ」ですが、すごい来場者数になっているようです。8人のシェフが日替わりでデザートを作るというイベントも、予約受付から数分で電話回線がパンクしたとも聞いております。
 
宗像という地で料理を作る毎日ですが、こうやって福岡市内のトップシェフから声をかけていただくのは非常に嬉しく思います。正直、他のシェフ達に比べて集客力がないのではないかと心配もしていたのですが、おかげさまで満席のご予約をいただきホッとしております。
 
 
 
今更ですが、ワタクシはパティシエではありません。料理人です。
 
料理人のワタクシだから出来る、宗像の食材を使った、オテルグレージュらしいデザートをお出しするのが今回の使命だと考えます。
 
 
 
 
余談ですがワタクシは甘いものが食べられないのですが、特にチョコレートが苦手です。
 
 
2月3日、岩田屋で待ってるぜ!!!