CHEF BLOGシェフブログ

2020年6月の記事一覧

兵頭の備忘録 其の205 ~これからの取り組みを考えてみる~
2020.06.25
ご存じの通り、このブログはホテルのオフィシャルHP内にありまして企業としての情報公開よりもフライングして内調を告知しちゃいけない事になっているのでコソっとお知らせします。
 
オテルグレージュは毎週火曜日を休館日としておりましたが、6月の限定営業を経て7月からは火曜日と水曜日をメンテナンスのために休館しての営業となります。
週に2日を休館にすることは経営面や現場レベルでの判断としてかなり悩みましたが、個人的にはよりクオリティの高い料理やサービスをご提供できると確信しております。
お客様にはご迷惑もおかけすると思いますが、我々ホテリエとして快適と感動、そして美酒美食でお応えすることが使命であると考えます。
7月からも引き続きオテルグレージュをよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
趣味は酒。特技は作り話。好きな調味料はクックドゥー。好きなブランドはカルビーで将来の夢は新幹線のグリーン車に乗る事。宗像市で働く福岡市民、影武者系ブロガー兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
※この写真の方は兵頭ではありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ホテルも本格的に営業再開しますので色々なことにチャレンジしたいなと思ってます。こんなご時世だからこそやれる事、やらなければならない事を見極めていきたいです。
 
毎年恒例、レストランでのオマールフェアやシャンパーニュのフェアは進めておりますが都市部にあるシティホテルにはできないような事がしたいですよね。
個人的に色んな事を考えてはいます。例えば・・・・・
 
 
少人数様でホテル全部の貸し切り。
中庭を使ったガーデンパーティーやガーデン結婚式。
高級食材を使って作るハヤシライスやエビフライなどの超高級洋食。
お客様のご自宅へ出張シェフ。
おひとり様2万円のバーベキュー。
シャンパーニュのサーベラージュ体験&シャンパーニュのペアリング
狂ってる料理人仲間を招聘しての美食会
 
などなど、出来る出来ないは置いといて(ワタクシは全部やるつもりですが)、オテルグレージュの立地条件やホテルとしての柔軟性をもって様々なニーズにお応えできればと考えています。
 
 
開業から10年間、ホテルのディナーショーみたいなこともやった事ないのでそんなイベントもいいかもしれません。
 
そしたら誰を呼びましょうね。加藤紗里一択!!!と言いたいとこですが、個人的には漫☆画太郎先生の個展をしてほしいのです。でもやはりここは佐々木希ちゃんのトークショーがいいなぁ。
 
 
 
と、妄想でテンション上がってきたんでホテルの多目的トイレで頭を冷やしてきます。
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の204 ~お酒を楽しむということ~
2020.06.16
 
営業再開後はソムリエ業にも力を入れて、料理とドリンクの相性について日々模索しております。
 
常々申し上げているように、料理や飲み物、空間やサービスなどは「嗜好品」だと考えています。同じビールでもアサヒとサッポロはどっちが好きか。みたいな選択肢があるという意味です。
そう考えると最も重要なことは「ホテルのスタッフが自信をもって提供できるモノとサービスである」と言うことになり、そのヒロソフィの解釈とアイデンティティの確立というものがホテルのブランディングに繋がっていくのです。
 
 
つまり何が言いたいかと申しますと、料理も飲み物も完全にワタクシの趣味嗜好で決めてます。と言うことです。だって料理長だもん。
 
 
何なら厨房に貼ってあるカレンダーは深田恭子ちゃんですし、PCの壁紙は新垣結衣ちゃんです。
 
 
 
仕事が終わってPCを落とすと、画面が真っ暗になるので自分自身が映り、新垣結衣ちゃんの壁紙から疲れた40代のオジサンに変わるドッキリに毎日驚かされている兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨年、パテクルート世界選手権アジア大会で入賞した作品をレストランでアラカルトとしてご提供しています。
仕込みが結構大変でして、ある時とない時があったりしますが是非ともご賞味いただきたい一皿です。
できればワインと一緒にお召し上がりいただきたい。パテクルートはそんな料理だと思っているからです。
 
 
同時に立地条件的な要因としてお酒を飲まれるお客様が少ないというのも事実でして、もっとワインを楽しんで欲しいというソムリエとしての思いに整合性が取れなかったりもするのです。
 
 
だからこそ我々は「オーベルジュ」でありたいと思っています。「オーベルジュ」とはフランス語で「宿泊施設のあるレストラン」を指します。
 
 
 
チェックインしてお部屋のジャグジーに入りシャンパンを飲み、60平米のバルコニーで夕日を眺めながらシャンパンを飲み、日が暮れたらレストランで狂ったフランス料理とワインを愉しみ、お部屋に戻って〆にシャンパン。で、寝る。
 
そんな時間を過ごしていただけますと我々ホテリエ冥利に尽きる。というものです。
 
 
 
ま、ワタクシ自身、そんな時間を過ごしたことないんですけどね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の203 ~本日再始動~
2020.06.05
本日、約2か月ぶりにホテルとしての営業を再開しました。
営業日数や時間など一部縮小をしての再開となりましたが、たくさんのご予約やお問い合わせをいただき背筋が伸びる思いでございます。
新しい生活様式に寄り添った飲食店のあり方を模索し、営業中のオペレーションの見直し、店内の空間除菌や消毒、換気はもちろんパテーションの設置などお客様に安心してご来館いただける環境を作りました。
ご要望をいただけましたらフェイスガードもございます。
 
まぁ何よりもオテルグレージュのロケーションや立地条件は街中を歩くよりは遥かに安全だと思ってますので三蜜と無縁のオテルグレージュへ遊びに来てください。
 
 
 
フェイスガードフェチという新しい性癖を見出しつつある兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
チカンだと思ったら自分だった - 2015年06月21日のイラストのボケ[33035126] - ボケて(bokete)
 
 
 
 
 
昨夜、ちょっと用事があって中洲を歩きました。(歩いただけですよ)
焼き鳥屋さんとかラーメン屋さんは満席でしたよ。(入ってませんよ)
コロナ自粛のリバウンドなんでしょうね。
 
中洲を歩いている人はほとんどの方がマスクを付けているのに店内の人はマスクをしていません。
当たり前なんでしょうが、「外でマスクして室内で外す」というのは本末転倒のような気がして違和感を感じました。
 
 
そうですね、例えるなら「歯磨きをした後にイカ墨パスタを食べる」とか、「猛暑の日に喉がカラカラで駆け込んだ喫茶店でピラフを注文する」とか「深田恭子ちゃんや新垣結衣ちゃんが大好きと言いながら加藤紗里のインスタを毎日チェックしている」
 
 
世の中って、そんな「大人の矛盾」みたいなパラドックスで成り立ってるのかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 
 
最後まで読んでくださった皆様、時間の無駄でしたね。ドンマイです。
 
 
 
 
 
 
【ボケて】最新ボケランキング&殿堂傑作ネタアーカイブ【bokete】 - NAVER まとめ