CHEF BLOGシェフブログ

兵頭の備忘録 其の98 ~吉川ひなののファンでした~
2017.12.14
気が付けば12月も半ばに差し掛かり、ホテル業界にとっても繁忙期でございます。そしてさらに気が付けばこの誰に為にもならないブログも98回目。週一回ペースで更新していますので年末で節目の100回を迎えます。
 
ホテルのシェフらしからぬブログ内容なのは自覚しておりますが、読んでる人もまぁそれなりに暇なんだろうからまぁいいか。と思うようにしているものの、細々と続けていられるのも読んで戴いている方々がいらっしゃるからです。
先日は埼玉県のお客様からブログを読んでますとメールをいただきました。嬉しいじゃないですか。抱きしめて耳元でシャズナのメルティーラブをIZAMよりも正確な音程で囁いてあげたくなります。
 
 
皆様の応援の声を世の中への悪口へと変えることが出来るクソブロガー、兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
年末は健康診断の時期でもあります。健康診断の数日前から断酒し、食生活にも気を付けながら軽い運動をしたりしてみます。
今年も例外なく万全の体調で健康診断に臨みました。無事に病院を出たワタクシは早速昼からビールを飲むのです。軽く摂取したアルコールは、解き放たれた欲求を手助けし、その欲求は暴飲暴食という名に変わり内臓に蓄積されていくのです。
 
 
はい、ここで忘れてはいけないことがあります。
 
胃の中に蓄積されていく大量のアルコールと食べ物の底にはバリウムと言う名のセメントがあるのです。しかも下剤入り。
 
 
バリウムで塞き止められた胃は固形物を消化する気配もなく、中途半端に効いた下剤は液体に反応し、久々に内臓が波打つ感覚を味わいました。
 
みなさま、バリウム後の暴飲暴食にはお気を付け下さい。
 
あー、死ぬかと思った。
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の97 ~料理の視野を広げてみる~
2017.12.08
大相撲の九州場所中に色々ゴタゴタがあったようですが、その影響でお相撲さんが飲み歩くことを自粛して福岡の飲食業界的には大打撃だったという話を聞きました。
風が吹けば桶屋が儲かると言いますが、思わぬところに影響がでるものです。
まぁそのせいで相当数のマスコミ陣が福岡に押し寄せてるでしょうからホテル業が儲かったりしたんですかね?
 
ま、同じ福岡県内なのに全く影響がなかったオテルグレージュ料理長、兵頭でございます。
頑張れ貴乃花親方!頑張れオテルグレージュ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中洲にありますお寿司の名店「龍の壺」が10周年でしたので、お寿司とフランス料理のコラボコースイベントのゲストシェフとして参戦してきました。
生まれて初めてお寿司屋のカウンターに立ちました。
普段は厨房内に籠って料理を作っていますので、お客様が目の前にいらっしゃる状態で料理を仕上げるのは中々の緊張感です。
慣れないことばかりでしたが、イベント後には多くのお客様から好評をいただきました。
 
 
コースと言うのは組み立てが重要です。全体の流れや相性はもちろん、一皿の量は適切か、食材の重複がないか、料理の余韻が次のお皿に影響しないか、箸で食べるのかナイフフォークなのか、考える事はたくさんです。
そう考えると、全く異種の料理を組み合わせる事というのは非常に難しい作業です。
 
 
上記のような不安要素がありながらもお客様に喜んでもらえたのは、寿司屋の大将とワタクシの人間関係が出来上がっていたからだと考えています。
 
 
我々が楽しんで料理を作ることが出来れば、対面にいらっしゃるお客様にもそれが伝わるんですね。
 
これこそが「接客業」であり「サービス業」なんでしょう。
 
コース内容は未熟だったかもしれませんがパフォーマンスの高いイベントになったかと思います。
ワタクシの経験値はもちろん、可能性の視野みたいなものも感じることが出来ました。
 
 
この経験を糧にワタクシなりの新しい料理の糧としたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の96 ~真面目にジビエを考える~
2017.12.01
大変驚きました。
 
 
THE虎舞竜がロード第14章を発表するそうです。
 
何に驚いたのかっていつの間に13章まで発表されていたのか。そしてそもそもロードは13章までではなかったのか。
 
ニコニコ動画で第1章から13章までを一気に聞くことができます。
 
 
 
3章くらいで聞く心をボキボキに折られた兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一気に寒さも厳しくなりトリュフやジビエ等の高級食材が出始め、忘年会やクリスマスなどフランス料理業界にとっては慌ただしい時期になって参りました。
 
オテルグレージュも例外なくトリュフやジビエを仕入れております。数年前から扱うジビエの種類こそ減ってきておりますがオテルグレージュでしか味わえないジビエをご用意しております。
 
昨今ではジビエ専門店なども出来ていますし、行政が害獣駆除に力を入れているので状態のいいものが流通するようになりました。ジビエブームなどと言う言葉も聞きます。
 
 
消費者が関心を持ってくれると言う事はイイ事です。しかしながらジビエが世の中に浸透していく速度に業界が着いて行っていない気がするわけですよ。ジビエと言うのは野生の動物です。野生であるからこそその生態や特徴などを知る事なく扱ってはいけない食材であると思うのです。
 
 
ワタクシが扱うジビエの種類を減らしたものこういった考えがあることも理由の一つです。
 
オテルグレージュは食材や料理と正面から向き合う事を大事にしています。
 
ジビエが食べたいというお客様の需要に対して、選ばれるレストランであることが本質なのだと思います。
 
 
 
 
 
さ、宗像大社に鳩でも捕まえに行こっと。
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の95 ~ハートブレイク後の大人対応~
2017.11.23
今週はアライグマを食べさせてもらう機会がありました。臭みもなく大変美味しい肉でした。
 
 
アライグマが手に入ったよと聞いて駆け付けたのですが、見た目はタヌキみたいでしたね。
完全に「アレ」を想像していたワタクシは何とも言えないガッカリ感は否めなかった兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
ちなみにラスカルの飼い主の名前はスターリング・ノース氏、11歳だそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現代の広告宣伝においてSNSの重要性は言うまでもありませんが、ワタクシの繊細なハートに爪痕を残してくれたお店がありましたのでご紹介します、皆様もご意見をお聞かせいただければと思います。
 
 
店舗名や場所は伏せておきますが、SNSにおいて非常に魅力的なバーがあるのです。偶然そのページを発見して以来、いつかそのお店に行きたいと思っておりました。
日々アップされる上品かつ妖艶な店舗情報は欠かさず「イイね」をポチっとし、まだ見ぬお店に胸を膨らませていました。
 
そんなある日、勇気を出してそのお店にチャレンジしてみたのです。
 
 
すると美人な店員さんが
 
 
「ウチは会員制ですのでご紹介の無い方はご入店できません」
 
 
だって。
 
 
世の中が21世紀になって10年以上経ちますが、初めてのお店で入店拒否されるなんてことがあるでしょうか?
しかもSNSで「ご来店お待ちしてます」みたいな事を公開してるお店が!
 
 
 
何もしてないのにフラれた感じになってるし!
 
 
ワタクシのハートに爪痕を残したにも関わらず、ネット上にスレッドを立ち上げてネチネチと悪口を書き込んだりしないだけ我ながら大人の対応だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の94 ~100年に2回あることは50年に1回ってことね~
2017.11.17
 
以前、仕事の関係上でユニクロ様よりエアリズムの下着をたくさんいただきました。
仕事上、料理人は火の前に立つことが多く、何時でも涼しく感じられるエアリズムは重宝しております。
 
ある程度は予想していたことですがそんなエアリズム、この時期には結構寒いと言う事が判明しました。
 
ヒートテックを買うくらいなら、戴いたエアリズムを重ね着する覚悟の兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて昨日はボジョレーヌーボーの解禁日でした。
ワタクシ、一応はソムリエの有資格者ですのでワイン文化発展の為にもブログのネタにさせていただきます。
 
ちなみに今年のボジョレーヌーボー、評価を調べてみました。以下ネット情報ですが
「今世紀最高と称された2015年を思い起こさせる出来」
だそうです。
 
ほほう。
 
いとをかし。
 
ではその2015年の評価をググってみると
 
「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせる」
 
とあります。
 
では2009年はどうか
 
「過去最高と言われた2003年に匹敵する出来栄え」
 
なんですって。
 
その2003年は
 
「100年に一度の出来」
 
おぉ!100年に一度とはすごいじゃないですか。
 
ちなみに次の年の2004年ですが
 
「100年に一度と評された昨年を上回る出来」
 
2005年は
 
「100年に一度と言われた一昨年を凌ぐ」んだそうです。
 
 
 
つまり要約しますと、毎年のボジョレーヌーボーの評価とは「低レベルのギャグ」なんですね。笑いのセンスはワタクシ並みですが、ギャグだと思えば楽しめるじゃないですか。
 
もしも仮にですよ、本気で評価しててこのコメントなんだったら、世の中にはワタクシよりもクソみたいなセンスをした人間がいるんだと安心しちゃいます。
 
 
 
「もはや飲めたもんじゃない」って評価にしてみたら怖いもの見たさでたくさん売れると思いますよ。
 
 
多分。
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の93  ~どさくさに紛れてスタッフ募集~
2017.11.09
ここ最近で一番の爆笑したお話です。40歳以上の皆様にもチャレンジしていただきたいお話でもあります。
 
 
久保田利伸の「流星のサドル」という曲をご存知でしょうか?アラフォー以上の方なら聞いたことはあると思います。
 
その「流星のサドル」のイントロ部分をアカペラで歌ってみて、そのまま曲に突入してみてください。
 
 
ね?聞いてる方はゲラゲラ笑えるでしょ?
 
 
注意点としては必ず曲を知ってる二人以上でやってください。一人で歌うと面白くもなんともありませんので。
 
 
クッソどうでもいい情報でしたが、皆様が「アカペラ流星のサドルイントロ」をやってみて爆笑できましたって報告を楽しみにしている兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さてワタクシ、今週はフランス料理の王道ともいえる「パテ・アン・クルート」という料理を仕込んでいます。まぁ玄人好みの料理ですね。
この料理は技術や経験、そしてパッションを要する料理だと思ってます。そういう意味での玄人好みです。
同業者は「どれどれ・・・お手並み拝見」と言った感じで斜に構えてオーダーするのでしょう。ワタクシもそうですし。
 
だからこそ気合を入れて作りましたし、若いスタッフへも教えていきたいと思ってます。
 
年末まで数量限定でお出ししていきますので是非ともご賞味ください。
 
 
 
あ!若いスタッフで思い出しましたが、相変わらず若いスタッフを募集しています。
 
技術や経験は不要です。パッションだけあれば勤まる職場です。キッチンスタッフ一同、素人好きですよ。
 
お手並み拝見ウヘヘヘヘ・・・・。
 
 
 
兵頭の備忘録 其の92 ~毒づくハロウィンとネタみたいな話~
2017.11.02
 終わったことですから時効と言う事にしてください。
 
 
一昨日はハロウィンでしたね。ここ数年ですっかりハロウィンというイベントが定着した感がありますが、見てる方が恥ずかしい仮装パーティ―みたくなってますよね。
 
ワタクシ、ハロウィン時期にコスプレでテンションの上がってる成人女性を見るとぶん殴りたくなるのです。
 
 
とか書くとまた怒られるんでしょうが、来年の今頃はもっと大人になってますので勘弁してください。
 
露出が多めの仮装は大好物の兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて最初に言っておきますが、今から書くことは作り話でもネタでもございませんのであしからず。
 
月曜から一泊で東京へ行っておりました。出発の飛行機ギリギリの時間に空港に着いたのですが何やら大勢のカメラクルー。ファンと思しき女子もたくさんいます。少なくともワタクシのファンでもなけりゃワタクシを取材する訳でもないですのでそのまま保安検査場へ。
こんな時に限って混んでいる保安検査場を抜けて搭乗口へ向かうとそこにもカメラマン。
時間がないので早足で搭乗口に向かうと一斉にカメラのフラッシュと黄色い歓声!!!
 
驚きました!!
 
俺!!??
 
と思って一応後ろを振り向くと、そこにはスーツ姿のソフトバンクホークスの選手御一行。
 
野球に詳しくないワタクシでも知ってる松田選手とか和田選手が着いてくるではないですか。
 
 
混んでる保安検査場を避けて関係者用のゲートをくぐってきたとこに鉢合わせて、ワタクシが選手御一行の先頭に立つ形になってしまった訳です。
 
逃げるようにしてキャンセル待ちカウンターに行き、座席のグレードアップ依頼をしていると選手もそのカウンターに来るではないですか。皆さん座席のグレードアップをしたかったみたいです。
 
キャンセル待ちカウンターにはワタクシを含む大勢のソフトバンクホークスの選手。その取り巻きには野次馬的ファンとカメラマン。
 
 
一番最初に手続きを終わらせたワタクシはその場を離れようとすると、若いカップルから握手を求められました。
 
完全にソフトバンクの選手と勘違いされております。
 
 
 
世の中には知らない方がいい事もあると思います。そう思ったワタクシは笑顔でそっとその手を握るのです。
 
 
 
 
そして握って後悔するのです。若いカップルの彼氏の方が尋常ではない手汗だったから・・・。
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の91  ~先週の話。つまり先々週の話②~
2017.10.26
ジビエシーズン到来でして、オテルグレージュにもジビエが届きました。
去年は長野県産の日本鹿に力を入れましたが今年は嗜好を変えて、死んだばかりの小動物を1頭仕入れました。その死んだばかりの小動物で一皿作り、オテルグレージュ公式FBに投稿したところ、いいねの数が過去最低になっております。
 
多少の悪ノリがありましたことを認めつつも、この小動物の食材としての素晴らしさをお伝えしたいという料理人としての真っ直ぐな想いがあったことも併せてお伝えしておきます。
 
小動物の敵、兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
先週の続きの話ですが、大分でのイベントを終え、夜中まで諸先輩方と打ち上げをしました。
大仕事の後でしたので大量のハイボールを飲みました。ホテルに戻ったのは夜中の3時くらいだったと思います。
んで、起きたの6時。7時の特急で博多に戻り、10時40分から西南学院大学にて講師をしてまいりました。
文学部フランス語専攻の学生に「フランス食文化」についての授業です。毎回テーマも変わります。
 
 
口数は多い方ですので、大学での講師は苦手ではありません、昨年に引き続き面白い授業にしようと意気込んでいたのですが、寝不足からかいつもの軽口が出てきません。実にまともで真面目な話しかできないのです。
 
そうなると学生も退屈です。携帯をいじりだしたり、寝始めます。
 
そうなると妙な焦りから尋常ではない汗が出始めるのです。額から零れ落ちる水滴は冷や汗なのか昨日飲んだハイボールか分かりません。
 
未だかつてないパニック状態から何とか打破するために、過去のプライベート話しを切り売りして笑いを取るという若手芸人のような事をして90分を乗り切った次第です。
 
 
こんな悔やまれる授業は初めてです。
 
自宅に帰ってきて思い出すのです。とっておきの爆笑話と、ほとんど作り話の下ネタがあったことを。
 
 
次回の授業までに更なるブラッシュアップした爆笑話と、目を背けたくなるような下ネタを温めておきます。
 
 
 
そういえば授業のテーマって何だったかな・・・・・
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の90 ~先週の話①~
2017.10.19
出張続きで更新のスパンが空いてしまいました。
 
出張先にもPCを持参してネット環境にはあったのですが、ACアダプターを忘れるという奇跡的なイージーミスを犯してしまい、容赦なく消費されるバッテリーの残量が精神的な焦りを生み出し、かき乱されたメンタルは腹痛へと形を変え心身ともに追い詰められた状態でバッテリーが切れてしまい、電源の入らないPCというもはやダンベル同然の荷物を持っての出張は罰ゲームを超えて、もはや荒行。
 
うっかり悟りの境地まで行くところでした。
 
 
 
 
 
コンクールの結果ですが、上記の理由で表彰台にも上がれませんでした。
 
応援していただいた皆様申し訳ございませんでした。全部ACアダプターのせいです。
 
作り話と現実逃避が得意な兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンクールの話は飲みに連れてってくれたらペラペラ喋りますので。
 
 
 
先週は大分に行っておりました。日本エスコフィエ協会のお仕事で200名越えのフルコースを提供しにレンブラントホテル大分に乗り込んでまいりました。
ワタクシはメインの肉料理を担当させていただきました。九州中から重鎮たちが集まる中、最年少のワタクシがメイン料理などおこがましいのですが、まぁ遠慮もしない性格ですし、言いたいことは言う方なのでそんなに緊張することもなく、敵を作ることもなく、悪口を言う事もなく、先方ホテルのスタッフにセクハラすることもなく「若い衆」としてフレッシュに頑張ってきました。
 
 
諸先輩に囲まれることで20年前の初心を思い出すのです。
 
 
思い出してはみたものの、20年前からクソみたいなことを考えていたなとある意味感心しちゃったりしました。
 
 
さ、仕事しよ。
 
 
兵頭の備忘録 其の89 ~ジュリアナ・廃人・玉砕~
2017.10.05
正直、猛烈に仕事に追われておりまして、頭の中はジュリアナ東京です。
自分でも言ってる意味がよくわからないのですが、自然と口から出た「頭の中がジュリアナ東京」という言葉から何となくワタクシの疲労具合をお察しいただければと思います。
 
 
 
色々背負っておりますが、来週の今頃には肩の荷が下りて今以上のレベルアップしているか、バイオハザードみたいな廃人のようになっているはずの兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
いよいよ2年越しのリベンジの時です。この2年間は自分自身を大きく成長させてくれました。その環境を作っていただいた方々には感謝しております。
最高の経験値を積ませてもらいました。そして最高に悔しい気持ちにもなりました。そういう意味でのリベンジです。
 
人生最後のコンクールにします。良い報告が出来ますように、精一杯やってきます。
 
もしもこのブログの更新が止まったときはそっとしておいてください。もしくはちょっとHなお店に誘ってください。そしてオゴってください。
 
 
では行ってきます!