CHEF BLOGシェフブログ

兵頭の備忘録 其の90 ~先週の話①~
2017.10.19
出張続きで更新のスパンが空いてしまいました。
 
出張先にもPCを持参してネット環境にはあったのですが、ACアダプターを忘れるという奇跡的なイージーミスを犯してしまい、容赦なく消費されるバッテリーの残量が精神的な焦りを生み出し、かき乱されたメンタルは腹痛へと形を変え心身ともに追い詰められた状態でバッテリーが切れてしまい、電源の入らないPCというもはやダンベル同然の荷物を持っての出張は罰ゲームを超えて、もはや荒行。
 
うっかり悟りの境地まで行くところでした。
 
 
 
 
 
コンクールの結果ですが、上記の理由で表彰台にも上がれませんでした。
 
応援していただいた皆様申し訳ございませんでした。全部ACアダプターのせいです。
 
作り話と現実逃避が得意な兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンクールの話は飲みに連れてってくれたらペラペラ喋りますので。
 
 
 
先週は大分に行っておりました。日本エスコフィエ協会のお仕事で200名越えのフルコースを提供しにレンブラントホテル大分に乗り込んでまいりました。
ワタクシはメインの肉料理を担当させていただきました。九州中から重鎮たちが集まる中、最年少のワタクシがメイン料理などおこがましいのですが、まぁ遠慮もしない性格ですし、言いたいことは言う方なのでそんなに緊張することもなく、敵を作ることもなく、悪口を言う事もなく、先方ホテルのスタッフにセクハラすることもなく「若い衆」としてフレッシュに頑張ってきました。
 
 
諸先輩に囲まれることで20年前の初心を思い出すのです。
 
 
思い出してはみたものの、20年前からクソみたいなことを考えていたなとある意味感心しちゃったりしました。
 
 
さ、仕事しよ。
 
 
兵頭の備忘録 其の89 ~ジュリアナ・廃人・玉砕~
2017.10.05
正直、猛烈に仕事に追われておりまして、頭の中はジュリアナ東京です。
自分でも言ってる意味がよくわからないのですが、自然と口から出た「頭の中がジュリアナ東京」という言葉から何となくワタクシの疲労具合をお察しいただければと思います。
 
 
 
色々背負っておりますが、来週の今頃には肩の荷が下りて今以上のレベルアップしているか、バイオハザードみたいな廃人のようになっているはずの兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
いよいよ2年越しのリベンジの時です。この2年間は自分自身を大きく成長させてくれました。その環境を作っていただいた方々には感謝しております。
最高の経験値を積ませてもらいました。そして最高に悔しい気持ちにもなりました。そういう意味でのリベンジです。
 
人生最後のコンクールにします。良い報告が出来ますように、精一杯やってきます。
 
もしもこのブログの更新が止まったときはそっとしておいてください。もしくはちょっとHなお店に誘ってください。そしてオゴってください。
 
 
では行ってきます!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の88 ~続けるという大事さ~
2017.09.28
先週から2週にわたってFBS福岡放送の取材を受けております。
ワタクシ緊張しない性格ですので余計なことまでベラベラと喋ってしまいます。タダでさえ口が悪くて一言多い性格ですので企業人のワタクシ的には発言の言葉を選んだり、テレビ向けの回答を探してみたりしました。
 
ホテルのイメージやブランディングに配慮した、クリーンな良いシェフを演じております。
ワタクシという人間を知っている方なら、ツッコミどころが満載で見ている方が恥ずかしい気分になるようなキュンキュンした番組になりますのでオンエアー日程は内緒にしときます。
 
 
テレビ見たよ!とか言われたら赤面しちゃう兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
ワタクシの前職であります西中洲「レザン・ドール」が10周年を迎えます。レザン・ドールでは開業から4年間シェフを務めさせていただきました。
これは私がシェフと言うタイトルをいただいて10年経ったと言う事も意味します。
 
レザン・ドールは福岡市内唯一のミシュラン星付きフランス料理店として確固たる社会的位置を築かれています。ワタクシ自身もオテルグレージュに移ってからは、レザン・ドールのオープニングシェフとして恥じないよう料理の評判を上げることに尽力して参りました。
 
激戦区西中洲で10年続けると言うのはスゴイ事だと思います。
 
ワタクシも第一線のシェフとしてやり続ける事がレザン・ドールへの恩返しになるのだと改めて肝に銘じました。
 
 
 
 
こんな低俗ブログも書き続けていればいつか誰かのヒマ潰し程度のお役に立てる日が来るのでは。と信じたいと思います。
 
 
 
ヒマ潰し程度になってますとか言われたら怒るけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の87 ~素直に謝ると言う勇気~
2017.09.21
安室奈美恵さんの引退報道が日本全国を駆け巡り、アムラー世代には「残念」と「ありがとう」という感情の嵐を巻き起こしております。
 
 
かくいうワタクシもアラフォー世代。例外なく安室ちゃん大好きです。
「あんなキュートな40歳が世の中にいるとは半ば信じがたい」というのはワタクシを含めた日本国民の共通認識であると同時に、「安室ちゃんに20歳の息子がいるなんて・・・」と何だか無意味に悶々としちゃうのはワタクシを含めた男子諸君の共通認識であると考えます。
 
 
 
 
学生時代は元スーパーモンキーズことMAXのファンだった兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先日福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ制覇。そして広島東洋カープがセ・リーグ制覇をいたしました。まだクライマックスシリーズが残っているとはいえ、地元野球ファンにとってはうれしい出来事です。
 
 
ワタクシ、広島市出身であることを公言しておりますので複数の方々からカープ談義や日本シリーズの話などを持ち掛けられます。ソフトバンクとカープのどちらを応援するのか?みたいなことも聞かれました。
 
 
 
ワタクシ広島東洋カープは大好きですし、福岡ソフトバンクホークスも応援しております。
 
 
ただ絶望的なくらい野球に詳しくないのです。
 
 
 
広島東洋カープといえば川口、達川、大野。ホークスといえば松中、馬原、城島くらいしか思い浮かびません。
 
 
そのくらい野球に疎いのです。
 
 
広島市出身福岡市在住としてのご期待に応えたれないことをこの場を借りてお詫びします。
 
 
 
 
ごめーん。
 
 
 
 
ちなみに西武といえばデストラーデ。巨人といえばガリクソンですかね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の86 ~宗像大社参拝のススメ~
2017.09.14
月に一度は出勤前に宗像大社へお参りに行くようにしております。
九州屈指のパワースポットと言うだけあって、二礼二柏一礼後には背筋が伸びて凛とした気持ちになります。心が洗われるというか、体から毒が抜けるような感覚に近いです。
 
凛とした綺麗な心になったところで改めてお参りすると宝くじも当たるかもしれません。だってほら、毒が抜けて無欲な心で「当たりますように」ってお願いするから。
 
 
 
良く考えたらそもそも宝くじなど買わない兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
さて気が付けば新卒採用のシーズンです。オテルグレージュにも料理人を志望する学生諸君からのエントリーが来ております。
弊社の入社試験は筆記と面接ですが、筆記試験に一般常識と言うものがあります。ワタクシが考えるわけではないのですが、この一般常識と言うのは出題する方にとっても実に難しい。
 
一般的な常識って何なんでしょうね?
 
HKTのメンバーの名前?ホークスのスタメン選手?今日の日経平均株価?
 
ちなみにワタクシ上記の三問は一つも答えられません。
 
 
 
 
今、ワタクシなりに入社試験にふさわしい一般常識と言うものを考えてみました。
 
しかし残念ながら宗像大社でお参りしてきたとは思えないようなクソ問題しか思いつきません。
 
 
もはや社会不適合者なのではないかと自分で心配になるようなワタクシが面接官と言う事になりますが、受験者の方々には謹んでお喜び申し上げます。よくわからんけど。
 
 
 
 
「面接官 ボケ」の画像検索結果
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の85 ~飲む前に飲む~
2017.09.07
2週前にこの場で書いた内容の詳細です。
 
レストラン ロルキデ・ブランシュのシェフ、前田将吾がフランス料理コンクール「第17回メートル・キュイジニエ・ド・フランス ジャンシリンジャー杯」において、西日本大会準優勝いたしました。来る10月30日の全国大会へと進みます。
 
決勝には全国の名だたる名店からシェフたちが参戦する中、弊社の前田が爪痕を残してきてくれるはずです。
是非とも皆様応援のほどよろしくお願いいたします。
 
 
後輩の成長に、ただでさえ細い目をさらに細くしながらも、後輩からの突き上げにハラハラしている兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一大イベントと言うのは重なるもので、私自身もしばらくは殺人的なスケジュールとなっております。
やらなければならないことがこうも溜まると、どこから手を付けていいのかわかりません。目の前の事をやっていても気が付いたら違う事を考えている始末。
 
コンクールのメニュー作成。大分県で行われる250名の晩餐会メニュー作成。クリスマスメニュー作成。婚礼メニュー作成。専門学校用のメニュー作成。大学での講師用資料作成。飲み会への参加。
 
これらの期限が目の前に迫っているのに目途がついているのは飲み会への参加のみです。
 
ちょっと頭を整理するという意味を込めてとりあえず飲みに行ってきます。
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の84 ~ワタクシも先生になりたい~
2017.09.01
調理師の友人に「ワニの皮」を食べさせてもらいました。
ワニ肉は食べたことがありますが、皮というのは初めてです。職業柄、食べた事がないモノというのは興味津々です。そういった好奇心というのは尽きることがないのだと思います。
 
とはいえあんなに興味津々だった一連の松居一代騒動にはもうすっかり飽きちゃってる兵頭でございます。
「マツイ棒」なるアイテムを使いお掃除プロとしてテレビを沸かせていたことがノスタルジック!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
某専門学校より授業依頼をいただきましたので、その打ち合わせに行ってまいりました。
そこで驚いたことが2点ありまして。
 
まず最初に驚いたのは設備の充実さです。これはどの専門学校にも言えるのですが最新の調理機器が入っています。専門学校という性質上、設備投資が重要なのは分かるのですが、ワタクシも触った事のない機器があったりします(笑)
もはや現場のほうが遅れを取るようなことにもなりかねません。
我々も常に教わる姿勢で精進しないと料理と時代についていけなくなるかもしれませんね。
 
 
そして次に驚いたこと。
 
 
先生が美人。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の83 ~来たれ若人~
2017.08.24
SNSをご利用の方はご存知かもしれませんが、キッチンスタッフを複数人募集しております。
少数精鋭で運営しておりますが、クリスマスや年末に向けて万全の態勢で臨むべく増員に踏み切ったという訳です。
とはいえ辺鄙なとこにあるホテルですから通勤の事を考えると簡単に人は見つからないというのも現実です。
 
ですのでこの場をお借りして詳しい条件なんかを書いちゃいます。
 
①給与はメチャメチャ高いわけではありませんが、安くもありません。
②労働時間は短いです。
③休みは多いです。
④でもやる気を出せば色んなことが身に付きますし、チャレンジできます。
⑤コンクール出場や資格取得にも全面バックアップ。
⑥料理未経験でも構いません。
 
 
と、ここまで書くと素晴らしい職場のように感じますが、実際素晴らしい職場だと思っています。
 
人生一回きりですから効率よく料理人としてスキルアップしてもらいたいと願ってます。
 
HPの採用情報をご覧ください。
 
 
知り合いの料理人をご紹介いただければ、ご紹介者様にディナーチケットをプレゼントしてもいいと思ってるんですが、それでは料理人の人身売買みたいになってしまうのでホテルのコンプライアンスに反します。
 
 
ですので裏口入社後にこっそりプレゼントしますね。インサイダーシェフ兵頭です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて嬉しい報告です。
 
レストラン ロルキデ・ブランシュのスーシェフが某コンクールで西日本大会に駒を進めました。大人の事情で詳細はまだ公表できませんが、近日中にいい報告が出来るのではないかと思っています。
ワタクシが4年前に初出場のエスコフィエ協会のコンクールで入賞した際、仲がいいわけでもない人から「運がよかった」と言われました。
やっかみとは言え、そんなしょーもない事を言わせない為にも「コンクールは複数年、複数回勝つ必要があるな」と小さな殺意と共に強く思ったことは今でも覚えています。
 
おかげさまで思いは叶いましたが次の目標は「複数人」です。
 
オテルグレージュから次の世代を育てていく事を課題にしておりましたのでしっかりとサポートに徹する所存です。
 
 
つまり、個人のスキルアップの為にシェフや先輩、会社は全面バックアップするんでオテルグレージュで働いた方がいいというお話です。
 
まだ迷ってるんですか?意気地なし!!!
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の82 ~思ってもないことをカッコよく言ってみる~
2017.08.17
福岡市東区の奈多海岸にて福岡県警のお巡りさんがパトロールしているというニュースをヤフーで拝見しました。お巡りさんが水着に着替えることで海岸の風景に溶け込み、実際に置き引き犯を逮捕するなどの成果も挙がっているようです。
善良な市民としましては大変心強い話じゃないですか。
 
でもね、ヤフーニュースの見出しが 「ビーチに吠えろ!海パン刑事!」 はあんまりでしょう。
 
 
不謹慎を自覚しているワタクシでも笑えません。
 
 
「スタッフに吠えろ!パワハラシェフ!」こと兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
中村製菓調理師専門学校より1年生18歳の研修生が入っております。短期間ではありますが現場実習と言うやつですね。
1年生ですからオテルグレージュが初めての現場実習と言う事になります。体育会系の好青年ですので今からオテルグレージュに引き抜くべくロビー活動です。
 
 
ワタクシ個人の感想ですが、今の若い料理人や学生は膨大な情報量の中に生まれた世代ですので非常にクレバーです。疑問はリアルタイムで解決され、常に様々なロジックや比較対象とともに生活しています。
 
その反面、料理人の世界と言うのは一種の職人業でありますから技術的なものを「経験」から学びます。
 
 
この「情報」「速度」みたいな部分と「経験」「技術」は業界的にまだリンクしきれていない気がします。傍から見て無駄だと思えることは決して無駄ではなかったりするからです。
 
 
若い世代が活躍できるステージを作るのも我々世代の役目なのでしょう。
 
 
 
料理人の世界は辛いことばっかです。
 
でも料理は人を幸せにすることができます。
 
生まれ変わったら料理人にはなりません。
 
でも料理人になってよかったと思っています。
 
 
 
 
自分がそんな風に思うので若い世代には頑張ってほしいと思うのです。
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の81 ~ひざ上25cmの暑さ対策~
2017.08.10
猛暑日が続いておりますが厨房内も絶賛連日猛暑日です。
 
厨房内での暑さ対策というのはこれと言ってないのですが、前掛けを短く折ることでオーブンからの熱がこもるのを防ぐことができます。
 
 
ただこれをやると何だかミニスカートを履いているように見えます。やってるこっちがドキドキします。
 
 
 
 
 
 
 
しゃがむ時はパンツが見えるんじゃないかとハラハラします。見えるはずはないのに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以上、今週の作り話でした。神湊のミニスカポリス兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 某大手企業の祝賀パーティーを承り、150名様近いお客様にフルコースのお料理をご提供しました。
その宴席がお開き後、ロビーにてお客様の輪の中心にいらっしゃるのは前職の西中洲時代に可愛がっていただいたM社長ではないですか!
思わず「M社長!ご無沙汰しております!」とお声をかけさせていただき、お名刺を差し出すと、その名刺をチラリと見ることもなく
 
 
 
 
「おぉ!君はここにいたのか!良かったじゃないか、このホテルの料理は美味しいから料理人として勉強になるだろう!頑張りなさい!」
 
 
 
 
 
ワタクシ料理長なんですけどね。