CHEF BLOGシェフブログ

兵頭の備忘録 其の136 ~あれ?待ってた!?~
2018.09.13
更新が2週間ぶりでございますが皆様お元気ですか?
 
「あれ?今週は更新されてないな・・・」「アイツ忙しいのかな?」「いよいよコンプラに引っかかってこのブログも閉鎖か!?」なんて心配をしてくださった方がいらっしゃるとするなら、その人は間違いなくヒマ人だと思います。ドンマイ。
 
そんなヒマ人を相手に何の生産性のないブログを書いてるニートシェフ兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一応報告はしておきますが、先週開催されましたコンクールにおきましては表彰台にも上がれず、惨敗と言う結果になりました。正直、自信があったので今までのコンクールの中で一番悔しかったです。
 
決勝進出者12名のうち上位3名が名前を呼ばれるんですが、呼ばれた人はコメントを求められるわけですよ。2位まで呼ばれた時には焦りましたね。優勝者としてのコメントを考えてなかったんで。
 
まぁ結局最後まで名前は呼ばれなかったので自分自身に恥ずかしくなり、とりあえず飲んだくれました。
 
 
 
コンクールにエントリーすることの最大のメリットは、「その料理に対して真摯に正面から取り組み、試行錯誤を凝らして本質を突き詰めていく」事です。決勝まで駒を進めることが出来たご褒美は「出会い」であり、表彰台まで昇ると「トロフィーやディプロム」が貰えるのです。
 
オテルグレージュはコンクールをベースに全国区にのし上がりました。なのでこれからも若手を中心にコンクールへのエントリーは続けていき、より良いお料理が出来るように精進します。
 
 
 
 
惨敗はしましたが、今回のコンクールにエントリーしたお料理をレストランにて出したり出さなかったりしています。
仕込みがメチャメチャだるいお料理なので、常にある訳ではありません。
タイミングが合えばご賞味くださいませ。ワタクシの汗と涙の味がしたりしなかったりすると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の135 ~希望の若者と絶望の中年~
2018.08.31
本日で8月も終わり、今年も残すところ4ヶ月となりました。
余談ではありますが、ワタクシは中途採用でオテルグレージュに入りましたが本日で丸7年の勤続となり、明日から8年目に突入します。
 
来年はオテルグレージュ開業10周年です。
 
そしてワタクシは本厄です。俗に言う大殺界の年でもあります。もはや疫病神です。
 
若年性の老眼に悩んでおりますし、何もない所でつまづくようになりました。
 
とりあえず9年目を迎えられることを目標に頑張ってみます。
 
酔いどれ中年シェフ兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オテルグレージュで働きたい!と、言ってきてくれる若い料理人の卵がいます。
本人はまだ学生なのですが、卒業後はオテルグレージュで働く事を決めてるというのです。物好きな学生です。
 
料理を食べた事をきっかけに、そう思ってくれたのは嬉しいですし、強い気持ちを持った若い力と一緒に働くことは、既存スタッフにとっても良い刺激になるのではないかと思います。
 
 
以前、若い料理人が食後にワタクシを呼び出し「ここで働きたいです!」と直談判してきたことがありましたが、彼はそのまま弊社に就職しました。物好きなヤツだと思います。
 
 
物好きな若い料理人にとってオテルグレージュのどの辺に魅力を感じ、働きたいと思うのかワタクシなりに考えてみましたが、何にも思いつきません。
 
だって職場の自慢はWi-Fiが使える事と、厨房で音楽が流れてる事のみですから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の134 ~伸びる料理人の要素~
2018.08.23
昨日、知人から「西日本新聞に出てるよ。」との連絡がありました。
 
7月に「フランスレストランウィーク2018」のプレス発表があり、それがこのタイミングでの掲載となった訳ですが、掲載の事前告知のようなものが無かった為に、何で自分が突然新聞に掲載されるのかハラハラしましたよ。
 
 
 
実際の記事を見て、その内容よりも自身のデカさに驚愕しました。
 
 
 
アンガールズ田中と同じ身長の兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先週は福岡市内にある調理師専門学校へ講師として行ってまいりました。
ワタクシは市内の専門学校3校で講師をさせてもらってますがお招きいただいた学校では、かなり専門的で高度な授業を行います。
学生にとっては決して分かりやすい授業ではないです。
 
理由は単純明快。
 
オテルグレージュでは専門的に高度なフランス料理を提供しているからです。
 
 
「何だかよくわからんけどフランス料理スゲー」
 
と思ってくれる学生がいてくれたらワタクシが講師をした甲斐があるというものです。
 
 
 
 
「何言ってんのか何やってんのか全然わからんわ。そもそも宗像遠いし、もう眠たいし、死ねばいいのに」
 
みたいな事を思ってしまった学生の方が料理人として伸びる。というのが持論なんですけどね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の133 ~引き際と未練と求人広告~
2018.08.15
 
ワタクシはホテルに複数人居るSNSの管理者の一人でもありますので、投稿の度に「イイね」の数が気になります。
企業にとってより効果的な広告宣伝になったのか。また、フォロワ―にとって興味をそそる内容だったのか、そういったことは一応気にするA型男子です。
 
 
先日公開した「若手料理人募集」の記事にはそれなりの「イイね」をもらったんですが、今のところ一人のエントリーもありません。
効果的な告知ではなかったのか。そもそも働きたいと思う人がいなかったのか。よくわかりませんが料理人を募集していることは間違いありません。
 
「若手の料理人をご紹介いただいた方にはレストランペアディナーチケットをプレゼント!」
 
という方が効果的な広告になると思いません?
 
 
言い換えれば「人身売買」みたいなもんですが、冗談で言ってるわけでない兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そういえばワタクシ、今年も懲りずにコンクールにエントリーしておりまして、決勝まで駒を進めております。
昨年でコンクールは引退宣言したのですが、時間が経つと欲が出てきたり、リベンジしたいという気持ちが芽生えてきちゃいました。
解散したのに再結成しちゃうバンドみたいなもんでしょうか。イエローモンキーみたいな。
 
でもよく考えると引退宣言はしましたが、実際に引退したわけではないのでMisonoみたいな「辞める辞める詐欺」と言う事になります。
 
普段から「辞める」って言ってるヤツは辞めないもんらしいですね。
 
 
 
 
 
よし、このブログはもう辞めよう。
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の132 ~イチイチヨコモジツカウナヨ~
2018.08.09
先日、フランス料理界のレジェンドがお亡くなりになりました。
 
ワタクシは何かを言える立場ではありません。ただただご冥福をお祈りします。
 
1つの時代を作ったシェフです。そして世界中の料理人が憧れたシェフです。
 
その背中に少しでも近づきたいと誰もが思ってるはずですし、ワタクシも例外ではありません。
 
少なくとも今現時点では誰からも慕われていない兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
少ししんみりしましたが、今週も低次元の内容となっております。
 
 
他社とのミーティングをした際の話なのですが、いつから会議用語って横文字になったんでしょうね。
横文字の会議用語すべてに対して批判的なのではありません。とはいえ往々にしてネット関係の会社やベンチャー企業などの連中はだいたい横文字を使いたがります。
 
同業種同士ならなんぼでも横文字を使えばいいと思いますし、何なら英語で話しとけや。と思いますが、異業種間において自分たちの業界用語をあたかもスタンダード気取りで話す連中には腹が立つのです。
 
 
先方が用意した会議資料など、言葉の意味が分からないので内容が全く理解できません。
その会議資料の一行目に書いてあるのが
 
 
「アジェンダ」
 
 
 
もはや一行目から意味が分かりません。
 
こそっと「アジェンダ」をググってみて驚愕しました。
 
意味は・・・
 
 
 
 
「議題」
 
 
 
 
 
 
そんなもん日本語で「議題」って書いとけよ!
おまえらがオテルグレージュに食事に来たら「本日のメイン料理はヴァンデ産のピジョンエトゥフェをアンティエでロティしまして、ガルニテュールにはジロルのフリカッセとアーティショーのバリグールを添えております。ソースはガストリックをバースにサルミ仕立てに・・・・・・」
 
って説明してやるからな!!!!
 
 
 
などとは言えるはずもなく、あたかも完全に理解しているような顔はしておきました。
 
 
改めてお客様の気持ちになる事の大切さを知ったと同時に、このブログが先方の担当者に読まれないことを祈る毎日です。
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の131 ~今週は読んだら時間の無駄になりますYO!~
2018.08.02
完全にワタクシにはセンスや感受性、純粋さに欠けていて、今まで汚いものを見すぎてきたので目は濁り、重箱の隅をつつく様な考えをした人間であることを大前提に言いますね。
 
 
 
生まれて初めてミュージカルを観ましたが、終始完全にエロい目で見てました。
 
 
 
そんな自分を恥じつつも、フィナーレで泣いている人を見て笑いが込み上げてきちゃう兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さてもう8月。今年は記録的な暑さとなっておりますが皆様体調などはいかがでしょうか。
 
レストランあるあるだと思うのですが、この時期の料理人はいかに自分が働く厨房が暑いかを自慢し合います。
基本的にこの時期の厨房はどこも40度前後じゃないでしょうか。陽炎が見えたりしますもんね。仕事が終わったら調理中の油と汗で顔面はテカテカになってます。一周まわってお風呂上りに乳液をつけた後みたくなってます。
 
 
 
こうも暑い日が続くと仕事にも支障が出そうになります。
 
 
少なくともこのブログに支障が出てるのは自覚しております。
 
 
 
ここ最近で一番クソみたいなブログですみません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の130 ~事実を冷静に受け止める必要性~
2018.07.26
世の中は
 
「自分の力ではどうにもならない事」
 
ばかりです。
 
 
どうにかしようと頑張ったところで世の中に与える影響など皆無に等しく、その努力は自分自身を納得させる言い訳にしかならない物です。
 
かといってワタクシは何を頑張るでもなく、世の中で起きていることにただ指をくわえ、見ず知らずの人が配信しているニュースに一喜一憂しながらもそれらの出来事にリアリティを感じる事の出来ない欠陥人間です。
 
 
 
だからこそワタクシは純粋に、そして無感動に事実のみをを受け入れる事が出来る人間なのだと信じたい。
 
 
 
今なら言える
 
 
 
 
桐谷美鈴ちゃん、結婚おめでとう。
 
 
 
 
 
 
実は新垣結衣ちゃんも大好きだったりする兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シティ情報福岡8月号にデカデカとワタクシと料理が掲載されています。
 
このクソブログを読んでくださっている方は、少なからずオテルグレージュのファンだと思いますので声を大にして言います。
オテルグレージュが好きだというあなた!今月号のシティ情報福岡は買った方がいいです!ワタクシの料理人としての真面目な一面を見ていただけると思います。自分で読んでもいい記事だと思います。
 
 
 
でも雑誌を買うだけではダメですよ。買ったら来てくださいね。買わなくても来てくださいね。雑誌が売れても弊社は儲からないんですからね。
 
 
 
我々のチームは、オテルグレージュの本質は体感してこそ伝わるのだと考えています。
 
 
つまり皆様が体感しないことには弊社は儲からないと言う事なのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の129 ~おかげsummer お疲れsummer 2018~
2018.07.20
熱中症予防の為に、外出せずに室内で大人しくしましょう。
 
と、最近ではテレビやラジオの天気予報コーナーで言う訳ですよ。
 
 
 
わかるーーーー!!!
 
わかる!!!
 
 
確かにそう思う!!!
 
エアコンの効いたご自宅で、再放送でやってる18年くらい前のくっさいドラマでも見ながらヨレヨレの部屋着を着替える事もなく、去年から食器棚に眠ってた素麺を茹ですぎたにもかかわらず、何の薬味も乗せないままコンビニの割りばし片手に無表情でめんつゆを周りに撒き散らしながらチュルチュルと啜ってるのが一番だと思います。
 
 
でもね、そんな酷暑にも負けずオテルグレージュまでフランス料理を食べに来てくれるお客様がいらっしゃるんです!!ワタクシはそんな皆様の事を抱きしめたくなっちゃいます!!!抱きしめんけど。
 
 
連日満席のご予約ありがとうございます。
 
 
この時期にグレーのTシャツを着ると脇染みが気になる兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日は「ダイナースクラブフランスレストランウィーク」の福岡プレス発表の為に、浄水通りにありますレストランKAZUにお邪魔して参りました。
各方面のプレス担当者に3店舗のシェフが一皿ずつ担当したわけですが、諸先輩方と一緒に慣れない厨房で料理を作るのは久々に感じる緊張感でした。あっという間のサービスでしたが反省点を感じつつも良い料理が出せたんじゃないかなと思います。
我々が作った料理、普段の取り組みやそれらのヒロソフィーがメディアの方々に届いて、それが発信され、多くの人達に「フランス料理」「レストラン」「料理人」と言うものを紹介でき、そして業界の社会的地位向上に繋がれば有意義なプレス発表会になたのではないでしょうか。
 
 
引き続き大きなイベントやコンクール、森口博子のライブなども控えておりますので、今年の夏は茹ですぎた素麺を啜っている暇などなさそうです。
 
 
レストランウィークは9月22日~10月8日まで。日本中のフレンチレストランが盛り上がる為に2018年のフォーカスシェフとして尽力したいと思います。
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の128 ~福岡県宗像市ガラパゴス町在住~
2018.07.12
先週のブログについてですが、一応自身や会社の為に言っておきますが、ワタクシ調理師免許は持っております。
 
今回受けた資格試験には無事に合格しましたよ。
 
 
ちなみに取得したのは狩猟免許です。
 
 
 
ケモノの天敵となりました、猛獣ハンター兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自称社会不適合者のワタクシにも仲良くしてくれる方が極少数いらっしゃいまして、先日は福岡のホテルシェフたちの集まりがありました。
どこのホテルも抱えている悩みや問題点は類似していて、他社の取り組みや理念などを聞くことは非常に為になります。特に市街地からも離れた場所で毎日働いていますので、料理もコンプライアンスもガラパゴス化しないように気を付けるのも重要です。
とはいえやはり外資系ホテルは全てにおいて時代の先端を走ってますね。驚愕でした。
 
働き方改革とか聞きますが、要は働かせ方改革ですね。
 
 
労働時間 = 経験値 = 成長
 
という方程式はもはや都市伝説になっていたのです。
 
 
 
たった2ヶ月で一人前の寿司職人を育てるという寿司学校が東京にありますが、こういった考え方が世のスタンダードになる日も近いのでしょう・・・。
 
 
 
 
2ヶ月も働けば心が折れるような悪名高い職場はたくさん知ってるんですけどね・・・。
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の127 ~イイことを書いてみる~
2018.07.05
とある資格に挑戦しまして、先週その試験を受けて参りました。
7月5日、本日がその合否の発表です。
 
WEB上で発表される合否のページを開くべく、背筋を伸ばしPCの前に座り、震える指でマウスを動かし、若年性の老眼が始まった一重の目をショボつかせ、緊張のあまり息を止めながらそのページを開いて驚愕しました!!!!
 
 
受験票をなくして受験番号が分からない!!!
 
 
 
ちゃんと考えればこのご時世に実名で合否の発表がある訳ないですよね。
 
電話でのお問い合わせはお断りみたいなんですけど、どうしよ。
 
ショックのあまり、若年性老眼がやや進んだ気がする兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6月~9月にかけては様々な料理コンクールが開催され、オテルグレージュのスタッフもワタクシを含め4名がエントリーします。
もう皆さんもご存じでしょうが、オテルグレージュはコンクールに力を入れております。理由は「オテルグレージュの料理や技術を用いて全国へ発信し、ホテルや個人、そして地域の社会的地位を向上させる為」です。
 
料理コンクールにエントリーすると猛烈に料理を勉強しますし、相当数の試作もします。間違いなく料理人として成長します。
そうして生まれた料理がコンクールの場で評価されることは、企業の為であり個人の為になります。
 
「お客様の為」などとは口が裂けても言いません。
 
ただ、企業や個人の成長をお皿の上で表現していくことで、お客様への恩返しができればと思っています。
 
 
 
 
 
我ながらめちゃめちゃイイ事言ってますよね。
 
ふざけたことを書いてしまう前に今週はこの辺で。
 
 
また来週。