CHEF BLOGシェフブログ

2018年10月の記事一覧

兵頭の備忘録 其の142 ~嵐の素顔とジャイ子の素顔~
2018.10.26
今週は宮地嶽神社の光の道ウィークです。
嵐がJALのコマーシャルで紹介して以来、たくさんの観光客が押し寄せてすっかり全国的な知名度になりました。
 
 
ちなみにワタクシは光の道を見たことないですし、この先見に行く予定もありません。
 
 
だってオテルグレージュでもっときれいな夕日(当社調べ)が見れるからです。
 
 
 
つまりオテルグレージュが全国区になるには「嵐が来ればいい」が持論の兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
さて世の中はすっかりハロウィンが浸透しておりまして、月末はコスプレイベントと化しております。
仮装もハイクオリティな物から、見てる方が恥ずかしくなるような物まで多岐にわたってますが、1つだけ言えることは女性の露出が多いのは嬉しい。と言う事だけです。
 
そもそもいい歳こいた大人がハロウィンだコスプレだってはしゃいでる時点で無性に腹が立ちます。オテルグレージュのスタッフが仮装なんかしてやがったらぶん殴るかもしれません。露出が多いなら許しますが。
 
 
 
こういったワタクシの意見に賛同いただける方は今月オテルグレージュには絶対に来ないでください。
 
 
 
 
 
 
プールサイドカフェ「ラ・ギャルリー」ではハロウィンフォトコンテストを絶賛開催中です!!!
素敵なプレゼントが抽選で当たります!!是非ともご参加くださいませ!!!
詳しくはHPで♡
 
 
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の141 ~教育について考える~
2018.10.19
先日も東京出張でした。
急な出張だったので飛行機の席がなく、何とか確保できたのがエコノミー3列席の真ん中。
右は寺門ジモン系マッチョな黒色チョコボール中年。
左はウーピーゴールドバーグ系デラックス中年女性。
 
久々の地獄絵図でした。
 
188cm進撃の巨人系ハイボール風味の慢性的二日酔い中年こと兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ワタクシ、調理師専門学校と製菓専門学校含め、3校ほど講師をさせてもらっています。料理人やパティシエを目指す学生さんに対しての授業ですので難しいことではありません。いつもホテルの厨房でやっていることを学校でやるだけです。夢はもちろん、業界の厳しさや愉しさも話します。
 
 専門学校以外にも西南学院大学でも講師で呼んでもらいます。
料理人と言う視点から、フランスで生活した経験を踏まえて、フランス語とフランス食文化のお話をさせていただくのです。
 
将来、料理人になりたいという学生は居ませんので、せめてフランスという国にもっと興味を持ってもらいたい。言語を学ぶには現地に住め!その国の食文化を受け入れ、言語に溶け込め!そしてそれ以上に日本と言う国、我々の食文化を勉強してほしい。そんな授業にします。
 
 
 
フランス語専攻の学生さんの他に、英文科の学生さんもいますのでフランス語や料理の話ばかりではつまらないだろうと思うのですが、ワタクシの英語力はエロい単語をいくつか知ってる程度です。
 
次回までには学生大爆笑のイングリッシュエロティックジョークでも考えとこうかな。
 
 
 
 
 
「こんな大人になるなよ」って英語も覚えとかなきゃ。
 
 
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の140 ~Tポイントと優しい嘘~
2018.10.11
フランス滞在中に1ヶ月間だけ一緒に住んでいた日本人仲間に福岡で久々に会いました。
彼は現在、東京で自身のお店を構え日本のトップシェフとして突っ走っています。そんな彼と友人であることはワタクシにとっても刺激であり、また自慢でもあったりするのですが、だた一点だけ歯ぎしりしそうなくらい嫉妬した事があるんです。
 
 
ヤツはダイナースのプラチナカードを持ってやがったのです。
 
 
 
財布にはTUTAYAとスシローのポイントカードしか入ってない兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パティシエの専門学校で講師をしてまいりました。ご存じの通りワタクシはパティシエではなく料理人です。「料理人目線で考えるコース料理としてのデザート」がテーマです。
 
ワタクシは甘いものが苦手でして、前職のレストラン勤務時に、ネット上で「デザートが甘くない」と書き込まれたことが今でもトラウマなのですが、せっかくオファーをいただいた以上、アル中スイーツ男子として責務を果たしてまいりました。
 
技術や知識はもちろんなんですが、職人として業界に飛び出していく若人の背中を押してあげるような話がしたいなと思ったのですが、我々の業界は職人業です。手に職を付けると言う事は簡単ではありません。
 
 
ですので、いかにこの業界が素晴らしく夢に満ちた理想の職業であるか、完全な作り話をしときました。
 
 
 
ちなみに、未来志向で希望の溢れる職人として、そして企業人として理想の職場があるとすれば、それはオテルグレージュしかないと思います。
 
 
 
ま、これも作り話ですけどね。
 
 
 
 
兵頭の備忘録 其の139 ~寿司とシャンパーニュと私~
2018.10.04
今年狩猟免許を取得したものの実際に猟に出る予定もなく、ペーパーハンターと言いますかニートハンターになりそうな予感でしたが、今度先輩ハンターの狩猟に同行させていただける事となりました。
先輩ハンター曰く「覚悟しておけ」との事。
 
山の中、道なき道をかき分けて獲物を探し、時には崖を登ったり猛ダッシュで山を登ったりと、狩猟と言うものは相当過酷なものなんだそうです。
 
 
不安要素があるとするならば、最近は何もないところでコケそうになる事が多い兵頭でございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ公式には発表されてないんですが、12月5日に中洲にあるお寿司の名店で「寿司×フランス料理×シャンパーニュ」のイベントを行います。
ポテンシャルの高いシャンパーニュと寿司、フランス料理のコラボレーションです。
 
シャンパンメーカーとのコラボイベントってやりたかったんですよね。
ワタクシはシャンパーニュが一番好きな飲み物なので、料理人として、ソムリエとして、そして個人的にもテンション上がってます。
 
深田恭子ちゃんから「このお料理はシャンパンに合わせたい」って言われたら昇天すると思います。
そのくらいシャンパーニュが好きです。
 
 
当日のコース内容、その料理に合わせるシャンパーニュを考えている最中ですが、フランス料理と寿司で使う食材のバランス、温度、量など考える事は多岐にわたります。
カウンターだからこそできるお料理にも挑戦したいですね。お楽しみに。
 
当日はねじり鉢巻きを巻いてカウンターに立ち、「へいらっしゃい!」とお客様をお迎えしたいと思います。
 
 
一応言っておきますが、このブログを見たからって「このお料理はシャンパンに合わせたい」とか言われても昇天なんかしませんからね。
 
 
桐谷美鈴ちゃん以外は。